景気回復で「安心社会」実現へ!

プロフィール

にわゆうやプロフィール

丹羽雄哉画像

1979年に衆議院初当選

医療・年金・介護等の社会保障政策に力を入れ、宮澤、小渕、森各内閣で厚生大臣を務め、エイズ患者救済策策定、予防接種行政の転換、介護保険法施行の陣頭指揮にあたる。

党社会保障制度調査会長として社会福祉制度改革にあたる。

衆議院国家基本政策委員長などを歴任、党政調会長代理として安全保障、経済、財政政策にも取り組み、金融再生法に関しても大きな役割を果たす。

安倍総裁のもと、2006年9月から2007年8月まで、党総務会長。

東北福祉大学客員教授、山野美容芸術短期大学客員教授、東京文化短期大学客員教授。

茨城県小美玉市出身 1944年4月20日生まれ

趣味

水中ウォーキング、ゴルフ、カラオケ

座右の銘 「木鶏もっけい」

『荘子』の中の闘鶏飼いの話に出てくる言葉。「他の闘鶏の鳴き声や気配にすぐいきり立ったり、睨みつけたりするうちは本当に強い闘鶏ではない。他の鶏が鳴いても木鶏(木彫りの鶏)のように動じなくなれるようになって初めて徳が充実し、戦わずして勝てる闘鶏になれる」という話によるよるもの。転じて、空威張りしたり、挑発に乗ってすぐに喧嘩したりせずに泰然自若で生きる、という意。

主な経歴

平成26年10月~現在 自民党総務
平成25年10月~平成26年9月 衆議院厚生労働委員会理事
平成25年10月~平成26年9月 自民党衆議院議員総会会長(代議士会会長)
平成18年9月~平成19年8月 自民党総務会長
平成16年11月~平成18年10月 自民党社会保障制度調査会長
平成16年11月~平成17年10月 衆議院国家基本政策委員長
平成15年11月~平成16年10月 自民党政治制度改革本部長
平成11年10月~平成12年7月 厚生大臣
平成10年7月~平成11年9月 自民党政務調査会長代理
平成5年9月~平成11年9月 自民党医療基本問題調査会長
平成12年7月平成16年11月
平成4年12月~平成5年8月 厚生大臣
平成3年11月~平成4年12月 自民党財務委員長
平成元年6月~平成2年2月 衆議院社会労働委員長
昭和62年11月~平成元年6月 自民党社会部会長
昭和60年12月~昭和61年7月 厚生政務次官

選挙

昭和54年10月7日 第35回衆議院議員選挙 当選
昭和55年6月22日 第36回衆議院議員選挙 当選
昭和58年12月18日 第37回衆議院議員選挙 当選
昭和61年7月7月 第38回衆議院議員選挙 当選
平成2年2月18日 第39回衆議院議員選挙 当選
平成5年7月18日 第40回衆議院議員選挙 当選
平成8年10月20日 第41回衆議院議員選挙 当選
平成12年6月25日 第42回衆議院議員選挙 当選
平成15年11月9日 第43回衆議院議員選挙 当選
平成17年9月11日 第44回衆議院議員選挙 当選
平成24年12月16日 第46回衆議院議員選挙 当選
平成26年12月14日 第47回衆議院議員選挙 当選

主な著書

著書 編集・製作 目次・内容
『「くらし」マニフェスト』 自民党茨城県第6選挙区支部
2009
<討議資料>郷土茨城へのにわゆうやの想い
『風窓』 法研
2008
エッセイ集 医療、福祉、環境、虐待、貧困等をテーマに現場からの想い
『わが青春の彷徨―NPOと私―』 法研
2007
わが青春の彷徨
NPOと私
『いま、日本の農業を問う
-希望の持てる農業政策の確立を-』
法研
2007
いま日本の農業を問う
JAの挑戦 改革なくして農業の活性化なし
【対談】茨城の農業をどう伸ばす
『私の訪中記』 法研
2007
慌しい出発、六カ国協議、温家宝総理との会見、日中医学協力構想、慮溝橋、帰国へ
『年金一元化の展望』 法研
2006
自民党総務会長に就任
年金一元化の展望
紀行 釧路と私
『2025年への提言
‐人口減少社会を乗り切るために‐』
法研 
2006
はじめに 
(1)まず「まず安心感」を
(2)国民皆保険を堅持
2025年への提言
『私の熱い戦い
‐9・11総選挙を振り返って‐』
法研
2005
最強国の光と影」
‐いま、米国事情‐
『「この国の再生」 憲法第9条
‐改正の問題点 地球温暖化対策
にどう取り組むべきか』
法研
2005
「地球温暖化対策」への取り組み
『「この国の再生」社会保障
~その課題と展望について』
法研
2005
【対談】運命は勇者に“微笑む”
棋士 羽生善
『高齢国家
‐再び「私の社会保障論」』
法研
2004
【対談】山麓に生きる
瀬川正明・敦子
『高齢社会
‐年金改革の検証と提言』
法研
2004
【対談】高齢国家‐75歳からの挑戦
聖路加国際病院理事長 日野原重明
『われらが日々
‐故郷と私‐』
法研
2004
-
『高齢国家
‐私の社会保障論』
法研
2003
映画「折り梅」からのメッセージ
【対談】映画監督 松井久子
『美しく老いるために』 コープ出版
1994
-
『生きるために』 日経メディカル
開発
1998
-